サリチル酸という言葉を聞いたことがあるでしょうか?魚の目を取るスピール膏やイボを取るイボコロリの中に含まれている成分です。このサリチル酸は、角化した皮膚を軟化させて除去するという作用があるので、首イボが取れるのではないかと注目をされています。実際はどうなのでしょうか。

・サリチル酸は、意外に強い作用を示すもの
サリチル酸と言っても商品によって含まれている濃度が異なります。例えば、固い魚の目を取るものの中には、濃い濃度のサリチル酸が入っています。そのためにその部分だけ付けて、ほかの正常な皮膚につけないように但し書きがあるのです。ついで高い濃度はイボコロリになりますが、イボコロリもそのイボの部分だけ付けるように但し書きがあります。

このようなものは、正常な皮膚につけると肌を傷つける可能性があるというものなのです。

・サリチル酸は首につけても大丈夫なものなの?
首イボが出来る場所は、うなじや首筋、肩周辺に至るまでになります。首の周辺の皮膚を触ってみるとほかの身体の部分よりも薄いことがわかります。そのためにサリチル酸は首には刺激が強いことがあるのです。もしも塗布して過敏性の反応が出ると、首イボは治るどころか反対に肌荒れを起こしてしまうことにもなりかねません。

・美容液に含まれるサリチル酸なら大丈夫?
美容液の中にもサリチル酸が含まれているものがあります。サリチル酸の角化を軟化して除去するというピーリング効果を期待して含まれているのですが、この場合は、濃度が国内物を選択すると首イボにも効果があるでしょう。また首イボ専用も美容液もあります。

これは安心して使用することができます。首イボを軟化させ、またサリチル酸は皮膚の殺菌なども効果もあるので、首イボの広がりを予防することもできます。即効性はありませんが、毎日首イボのケアをする製品としては専用の美容液はおすすめです。

副作用もなく安心して使用できるからです。