首イボの治療法の一つで、レーザー治療がありますが、皮膚科や美容外科では広く治療を受けられるようになり定着して来ていますが、実際に、どのような特徴があるのかご紹介します。

【レーザー治療の方法とは】
従来、首イボなどに対して行われる皮膚科などでの治療といえば、直接医療用のハサミで切る治療や液体窒素による治療法が一般的でした。しかし、現在ではレーザー治療も広く浸透して来ているので、最寄りで受けやすくなりました。中でも、水に反応する炭酸ガスレーザーを用いることがレーザー治療では主流になっています。

水分が多く含まれた皮膚にレーザーを当てることによって照射した部分にある水に反応して熱が発生しますが、その際に熱が蒸発するのに伴って首イボが削り取られることにより、除去することができるというのが特徴です。

【レーザー治療のメリット&デメリット】
近年になって、レーザー治療で首イボの悩みを解消している方が多くなっているのは、それなりの理由があります。これまでの他の治療法と違って完治できる率がはるかに高くなっているからです。液体窒素を使った従来の治療法では、一旦なくなったとしても再びまた治療を受けなければならないということがあるので、首イボに悩んでいる方にとってはいたちごっこのような気持ちになることもありました。

しかし、レーザー治療では、数回の通院で除去することができ、確実に悩みを解決できるというメリットがあります。しかも、局所麻酔をしてレーザー治療を行うので痛みへの恐怖感があるという方でも安心して受けられるのも魅力の一つです。ただし、レーザー治療ではほとんどの皮膚科で保険が適用されている液体窒素による治療と比べてみても、レーザー治療は保険適用外になっている場合がほとんどですので、治療費が高くかかることはデメリットだと言えるでしょう。

また、行う医療機関によってもその料金は違いがかなりあるために、目安を知るのも必要ですが、事前にどれくらいの費用がかかるかを確認しておくことがとても重要です。レーザー治療は広くおこなわれているようになりましたが、どのような作用機序で首イボを除去できるのかが理解できるようになると安心感が生まれるでしょう。

また、メリットとデメリットを十分に比較した上で自分に適しているかどうかを判断する必要もあります。